Please wait

ESTABLISHED 2014 SPRING

DESIGNERMARIKO NAKAYAMA

1980年代よりスタイリストとして活動。
1980年代後半、ニューヨーク在住時にアメリカの雑誌『Interview Magazine』等で
スタイリスト活動・ 雑誌のコーディネーターの他、
NOKKO全米デビューのディレクターとして活躍。
1993年KiKi inc.所属。広告・雑誌・音楽のスタイリングをメインに活動。
2014年自身のブランド『MADISONBLUE』を立ち上げた。
2015年著書『大人のおしゃれRULE BOOK A to Z』発売。

BRAND CONCEPTHigh Casual

80sに初めて訪れたNY、景観を崩さない街並み
カジュアルで品のあるライフスタイルとファッション
そんな マンハッタンのMADISON,AveからインスパイアされたGENERALなスタイルが原点
質の良いものをカジュアルに、モードにもフィットするアイテムとバランス
愛着を持って着続けることで刻まれるその人らしさ
人が着ることで完成するスタイル
そして大好きな海のBLUE
「MADISONBLUE」

ABOUT

着る人の内面に宿る女性性を
同時代性とともに表象する普遍的な服。

MADISONBLUEの服をご覧になった方は、皆、それぞれに異なる感想をお持ちになるようです。
ベーシック、オーセンティック、クラシックといった言葉で私たちの服を表現される方もいれば、
マスキュリン、カジュアル、デイリーウェアというような言葉をお使いになる方たちもいらっしゃいます。
そのように、多くの人たちがそれぞれに感じてくださったものはすべてMADISONBLUEのコレクションに内包されていると思います。
けれど、私たちがコレクションに込めているのは、テイストやジャンルを越えて存在する女性性と同時代性なのです。
ただし、私たちの考える女性性とは、ボディラインを強調したシルエットや繊細な素材による柔らかな風合いといったものとは、少し異なります。
服それ自体がもつものではなく、あくまで、服を着る人自身が、すでにお持ちになっている女性らしさ、それを際立たせるためにMADISONBLUEの服はあるのです。
無骨なアーミージャケットの袖口から覗く手首には女性ならではの繊細さが宿り、金ボタンのブレザーで包まれた胸元からは禁欲的であるがゆえのセクシーさが漂う。
もちろん、そうしたアイテムが本来持つ、活動的でタフな印象や上品でスマートな印象もそこには加わります。
服が語るのではなく、服を着た“その人”がすでに持つ女性性が自然に滲み出るための服。それが、MADISONBULUEなのです。
そうして、もう一つ、私たちが強く意識しているものがあります。それが、同時代性、つまり常に現代的である、ということです。
時代とともに美しさの基準が変化するというファッションの持つ気まぐれな魅力を私たちは愛しています。
そして、それゆえ、5ポケットジーンズやボタンダウンシャツと言った普遍的なアイテムを作り続けていると言ったら、矛盾しているように聞こえるでしょうか?
ジーンズやボタンダウンシャツのような普遍的なアイテムこそ、シルエットや素材、カラーバリエーションなどのアップデートをすることで、
同時代性をはっきりと表すことができると私たちは確信しています。また、この同時代性へのこだわりが着る人の持つ内面的な若さの表現にも繋がるのです。
ずっと変わらぬスタイルを通しているのに、なぜか古くならない人。クラシックな服装を好んでいるのに、いつまでもフレッシュな人。
そうした人は皆、自分らしさを熟知する一方、時代の移り変わりにも人一倍敏感なのです。
MADISONBLUEの服は、そうした人たちのワードローブに加わることを望んでいます。
着る人の内面に宿る女性性を同時代性とともに表象する普遍的な服。
このテーマのもと、私たちはMADISONBLUEのコレクションを、これまでも、そして、これからも作り続けていきます。

DESIGNERMARIKO NAKAYAMA

Mariko Nakayama has begun her work as a fashion stylist from the 1980s.
In the latter part of the era, she moved to New York City where her carrier bloomed out working with
several fashion magazines including “Interview Magazine” and other fashion magazines.
At the time, one of the famous Japanese pop singers “NOKKO” made her debut in the U.S.,
she helped her as a stage director to made her tour in success.
After coming back in Tokyo, she joined the creative/artist agency “KiKi”.
Still involving in fashion styling for magazines, ads and musicians.
In 2014, Mariko started her own brand
“MADISONBLUE”.

BRAND CONCEPTHigh Casual

In the early 80s. Still remember its first fresh breath of New York City.
The cityscapes of seamless buildings, people, casual yet elegant fashion styles and sophisticated lifestyles.
“MADISONBLUE” was born from those inspiring charms of Manhattan’s symbolic street “Madison Avenue”.
Well designed with fine materials to fit both casual and mode.
Well balanced of items to become part of herself as long as she attaches to. Compete her style by wearing me.
And adding my forever love of sea blue…
“MADISONBLUE”

ABOUT

Brighten up the femininity of her own,
The essential clothes which reflects the contemporariness.

People could find many different sides of styles in the collections of MADISON BLUE. Someone says it basic, authentic or classic.
The other expresses it masculine, casual or everyday clothes. Yes. Those styles are included in our collections.
However, MADISON BLUE put thoughts in the femininity and modernity beyond the so-called “styles” or “genres”.

The idea of our femininity is a bit different from the femininity which highlights the figure of silhouettes or soft texture.
What MADISON BLUE places value on is one’s original personality to bright it up by wearing our collections.

Through the cuffs of a tough army jacket make contrasts to the delicate line of woman’s arms and wrists,
the ascetic atmosphere of a blazer jacket with golden buttons has the side of lusciousness.
Those items also create an active and tough, or a sophisticated and smart impression.

The clothing itself doesn’t talk anything. By wearing it, it suddenly shows and glows her femininity which she naturally owned.
That is our MADISON BLUE clothing.

And one more thing what we strongly conscious of is “the contemporariness”.
“The contemporariness” ; always live our time. The trends and standards of beautifulness in fashion have made whimsy changes many times.
It’s one of the charms of fashion and we love it! The other hand, we’ve been creating the very basic times like five-pocket jeans or button-down shirts.
It might sound contradicted to you.

But we believe those basic items would clearly express the contemporariness of the time we now live in by updating the shapes of silhouettes and the choice of colors.
Also this passion for the contemporary clothing adds an element which highlights your inner beauty of youth.

A lady in the same style but always looks modern, a lady in classical style but remains fresh.
They all know their ways of being themselves, besides, being conscious of changes of trends with the times.
MADISON BLUE strongly hope to become a dairy wear for them and in their wardrobes.

Under this magnificent theme; making the essential clothings which reflects the femininity and contemporariness of those who wears it,
we have and will keep going to create the collections of MADISON BLUE.